庄内ボーイズ・活動日誌

山形県庄内地域で活動する野球チーム『庄内ボーイズ』の活動内容です

『庄内ボーイズ』へようこそ

当ブログへお越しいただきありがとうございます。

NEW  2020.9.8 ひとり言「アンパンミットに思う」を掲載しました。

NEW  2020.9.8 庄内ボーイズ便り15号を掲載しました。

 

  我々は山形県の庄内地区で活動しております、『庄内ボーイズ』です。

公益財団法人日本少年野球連盟(通称ボーイズリーグ)東北支部加盟する中学生を対象とした硬式野球を行うクラブチームとなっております。

 


 

野球は楽しいスポーツです。夢中になり大空を舞う白球を追いかけたあの日。

より遠くへ飛ばそうとフルスイングを試みるも、無残にも尻もちをついたあの打席。

必死に一塁へ駆け込んだものの間一髪アウトになり、グランドに倒れこみ嗅いだ土の匂い。

 

野球をなぜやるのか?との問いに、子ども達は「楽しいから」と答えます。

決して「勝ちたいから」とは言いません。何を始めるにも楽しいことがその原点です。

そんな当たり前のことを忘れかけてきてはいないでしょうか。

 

私達は勝利至上主義や精神主義ではなく、育成至上主義の指導を目指します。

その結果として勝つことの喜び、負けた時の悔しさを共有したいと思います。

 

選手―指導者がお互いにリスペクトするような体制を構築し、

野球というスポーツを通し、次世代を担う人材育成を心がけます。

 


〇チームの目的

1.科学に基づいた野球の投げる動作・打つ動作の理解

投げる動作・打つ動作を座学や実践を通し理論的に理解し、その上で野球に必要なトレーニングを実践します。

2.Aggressive(積極的)であれ,Focus(集中)せよ

野球は予測するスポーツであることを理解し、次の行動に積極的に取り組む姿勢と一球に対する集中力を養い、人間形成の一助とします。

3.世界を視野に入れた選手・指導者の育成

多面的な情報を発信することにより、従来の常識にとらわれない広い視野を持った選手と世界を俯瞰するリーダーを育成します。

 

チームの活動は土日のグランド練習は笠山球場(立川)、櫛引球場、松山多目的球場などを中心に、また平日は夜間、藤島屋内練習場、スタンレー体育館(藤島)、野球子屋(酒田)などを使用しています。

 

各練習場には小学生も参加(小学生専門の指導者が指導)、硬式野球を楽しみながら基本動作を学んでいきます。

 

共に汗を流し、心身ともにお子様の成長を促す指導を心がけております。ぜひ私たちのチームへ参加してみませんか?

 


【入部案内】

年会費 : 5,000 円

(内訳:選手登録料2,000円・スポーツ障害保険料2,500円)

 

月会費 : 8,000 円

(内訳:連盟支部会費・チーム登録料・役員登録料・大会参加費・施設使用料・用具代など)    

 

連絡先

 080-1677-2948 佐藤 繁信

E-mail

sashige1972@yahoo.co.jp

 

『庄内ボーイズ』指導理念・組織概略 - SyonaiBoys’s diary