庄内ボーイズ・活動日誌

山形県庄内地域で活動する野球チーム『庄内ボーイズ』の活動内容です

カージナルズ来日

          カージナルス来日

 

 1968年(昭和43年)10月30日。当時中学2年生の私はカージナルス対巨人の試合観戦に宮城県営球場に行った。内外野共にほぼ満員、そんな光景など見たことがなかった私は興奮と熱気に圧倒された。

 この年、カージナルスワールドシリーズ最終第7戦で敗れはしたが、ほぼ休みなしでメンバー全員が来日した。対する巨人は1965年から4連覇中で当時は敵なしの日本最強軍団であった。

 カージナルスのエース、ボブ・ギブソン投手はこの年絶好調。12試合連続完投勝利を含め15連勝で22勝9敗、防御率は1.12でシーズンMVPに輝いている。

 この試合、なんと先発したのはそのギブソン投手であった。先発を知った球場は大興奮である。ゆっくりしたワインドアップモーションから投げ込まれる快速球、フィニッシュは一塁方向に大きく倒れ込む独特のフォームであった。このフォームを「フォールス・ダウン・スタイル」と表現していた記憶がある。今ネットなどで調べてもそのような記述は見当たらないが、私にとっては当時覚えた貴重な横文字だけにどうしてもここに記した。

 いよいよプレーボール。ギブソン投手の投じる一球一球にスタンドからは驚愕の声が挙がる。「オマハ超特急」(ネブラスカ州オマハ生まれ)といわれる快速球が心地よい音を立てキャッチャーミットに吸い込まれる。

 巨人の選手はやたらバットを短く持ち、当てるのに精一杯、ヒットになる様子は皆目見られなかった。その中で異彩を放ったのが王貞治選手であった。

 真っ向勝負を挑むギブソン投手に対しフルスイングで応じた唯一の選手であった。しかし、2球目あたりだろうか。快速球とフルスイングしたバットが微かに触れた。すると激しい摩擦が生じたのだろうか、白い煙がパッと上がった。球場に大きなどよめきが起こった。そして次の3球目、フルスイングした打球はバックネットを直撃した。そしてボールはそのままバックネットに突き刺さり、落ちてこない。衝撃的な場面であった。

 

 2020年10月2日、ボブ・ギブソン投手の訃報が届いた。84歳であった。

 悲しい知らせは、ギブソン投手が亡くなる一ヵ月前の9月6日にも届いていた。この時一緒に来日したルー・ブロック選手が81歳で亡くなっている。盗塁王に8度輝き、メジャー歴代2位の盗塁を記録したスーパースターである。この仙台の試合にも先発出場していた。ブロック選手の周囲だけがまるで映画のスクリーンを観ているように映ったことが忘れられない。

  私が目の当たりにしたメジャーリーガーのスーパースターが同時期に亡くなった。最も多感なこの時期に私が受けた衝撃を今の子供たちにも感じて欲しい。確かにTVやYouTubeによってメジャーリーグの試合を観る機会は格段に増えた。しかし、そこからはグランドの匂いや乾いたバットの音は聞こえてこない。華麗なあのメジャーリーガーの美しい立ち姿はそこにはない。二人のスーパースターとの邂逅に感謝し、ご冥福をお祈りする。

いいでんよ!

           いいでんよ!

 

 ブルペンの後方は4メートルほどの土手になっていた。その土手の上に会社帰りであろう熱心な高校野球ファンが数人見学している。その中に小柄ながら恰幅のいい、太い黒縁の大きめなメガネのオヤジさんがいた。ただ、ファンにしては鋭い眼光が異彩を放っていた。

 オヤジさんは高校野球の指導者として甲子園まであと一歩のチームを育て上げた。しかし、大会直前、ある事件に巻き込まれ、責任をとってチームを去った。そんな噂を少しだけ耳にした記憶がある。当時、オヤジさんは飲食店を経営し、仕入れの帰りに土手に立ち寄り、静かに応援していた。

 ストレート、変化球をアウトローにきっちり投げ込めば抑えることができる。それを信じ、一心不乱に投げ込んでいた。とその時「いいでんよ!いいでんよ!そのアウトコース打てんでん(・・)よ(・)」

 グランドに散らばった部員のムダで意味のない大声に周囲の言葉はかき消されたものの、オヤジさんの声だけはなぜか優しく耳に飛び込んでくる。

「いいでんよ〜!」

いつの頃からかオヤジさんは土手から降り、私のすぐ後ろで囁くようになった。

    「いいでんよ〜!!」

 どんなに疲れていても、多少の雨だろうが、その落ち着いた腹の底から発する低い声に励まされる毎日が続いた。

 余談であるが、ボールを受けながら聞いていたキャッチャーは「大したボールじゃないのになんでそんなに褒めんのかなぁ〜?」と訝しげな表情を浮かべていた。

 

 今までの人生の中でどんな時が嬉しかっただろうか。どんな時にやる気を起こしただろうか。それはやはり誉められた時であり、前向きな言葉をかけられた時である。人は誉められれば、半ば冗談と分かっていてもなぜか悪い気はしない。

 「子どもが伸びる声かけ」(辻秀一著)によると、人間の心の状態にはフローとノンフローがあるという。ご機嫌=フロー状態とは気分がよく、楽しく、充実感を得られている状態をいう。不機嫌=ノンフローとは落ち込んだり、イライラしたり、心が乱れている状態をいう。心の状態は声かけや出来事などによってフロー状態かノンフロー状態かに振り分けられるという。

 私は正にフロー状態で練習を続けていたのである。これはどんなに激しいトレーニングよりもパフォーマンスの向上に欠かせない重要な要素である。

今、指導にあたりこのことを忘れてはいけない。子ども達の体調はどうか。肩肘は痛くないか。心はノンフロー状態になっていないか。もしノンフロー状態を感じたらどんな声かけをしたらいいのだろうか。

 私は、練習開始前に指導陣を集めてこう話しかける。「我々がフロー状態じゃないと選手の心はフロー状態にならない。その結果、上達しないし、ケガをさせてしまうことになる」

 オヤジさんとは4代目ミスタータイガース掛布雅之氏(現HANSHIN  LEGEND  TELLER)の父泰治氏である。自らが手の届くところにあった甲子園の夢を息子雅之に賭けた執念があの言葉に凝縮されていたことを、その時私は知らなかった。

                   

                      24/Oct./2020   By 佐藤 繁信