庄内ボーイズ・活動日誌

山形県庄内地域で活動する野球チーム『庄内ボーイズ』の活動内容です

軟骨の増殖を待つ

  高校時代、肩痛に悩まされていた私は病院へ行った。そこで処方されたのが「ヒルドイド」であり、その後「モビラート」へ変わったように記憶している。

 ヒルドイドやモビラートはいずれもドイツ製の鎮痛剤で、当時としてはかなり高価な薬であった。サロメチール(日本製)もあったが、私は医学先進国ドイツの薬を塗布するというだけで治ってしまったような気になった。いわゆる「病は気から」である。確かにプラシーボ(偽薬)効果?はあったが、実際は悪化の一途をたどっていたと今になって思う。それはより刺激的な効果を求め「ヒナルゴン」を塗布するようになったことからもわかる。塗布後の灼熱感は半端ではなかった。  

 

 あれから半世紀が過ぎた。野球少年の「肩・肘」の故障増加は大きな問題である。ある病院に診断に来た中高生41%が肘の故障の既往歴があったという。実際に指導してみるとこの数字が決して大げさな数字でないことがわかる。今の練習は、障害を起こすために練習をしていると言われても何の言い訳もできない。

 

 指導者は肩・肘に違和感のある選手が医者に行くことを半ば嫌う。レベルの高い選手ほど障害を訴える選手が多く、次の試合に差し支えるからである。そして医師が告げる言葉は異口同音に「絶対安静、ノースロー」であることを知っている。

 

 医者に行った選手に「どんな薬貰った?」と聞いた。「何もくれなかった」と選手は言う。その代り理学療法士によるリハビリの手順が示される。

 

 考えてみれば損傷した箇所に何を塗布しても効果はないだろう。肘の故障の一番の原因は成長過程にある軟骨の増殖を妨げることである。静かに軟骨の増殖を待つことが一番の治療法で、時間が最高の処方薬であろう。

 

 最も良い少年野球の指導者はこうした故障した選手に対し、「待つ勇気」を持つことだろう。

 

 肩・肘のケアに必死に取り組んだあの頃を思い出し、これは医学の進歩というより「変化」ではないかのと感じた。

                           

                             By 佐藤 繁信

                               2021.9.9

OHIO!(おはよう!?)

       OHIO!(おはよう!?)

 

 ここはフロリダ州ベロビーチにあるドジャースタウン。現在LAドジャース星野監督率いる中日ドラゴンズのスプリングキャンプが行われている。

 フロリダの空はいつもどこまでも抜けるような青空だが、今日は珍しく曇り空、今にも泣きだしそうである。

 タウン内では早朝にもかかわらず、すでに数人のファンがジャッキーロビンソン通りの散策を楽しんでいる。通りに面したハンバーガーやコーンを販売するショップの店員が、皆忙しそうに準備に追われている。春休みのアルバイトと思われる女子高生の、きびきびとした動きと笑顔が爽やかである。

 すると、私達を見つけた一人のいかにも陽気なアメリカ娘が大声で叫んだ。

 「OHAYO~!(おはよう!)」

 次々に娘たちが「OHAYO」「OHAYO」と手を振ってくれた。

 星野監督の人気もあり日本人観光客も多いのだろう。どこから見ても日本人にしか見えない私達に精一杯の愛嬌を振りまいてくれた。

 すると一緒にいた仲間の一人がアメリカ人に勝るとも劣らない大袈裟なジェスチャーを交え、真顔でこう叫んだ。

 「We are not from Ohio!?from Japan!」

(私達はオハイオ州から来たんじゃないよ、

日本だよ。)

 それを聞いた娘たちは一斉に手をたたいて大声で笑いだし、大喝采となった。

 屈託のない娘たちの笑顔が今日の曇り空を吹き飛ばし、私たちの心にはいつもの青空が広がった。

                             2021.7.7 佐藤 繁信

  *1988年2月大リーグスプリングキャンプ巡りでの珍道中の一コマである

村上豊氏を偲ぶ

         

        村上豊氏を偲ぶ

                ―「科学する野球」著者―

 

 「科学する野球」の著者村上豊氏をご存知だろか。

 初めて出会ったのは1987年11月23日創設間もない花咲徳栄高校(埼玉県)のグランドであった。私はこの時、村上氏への知識はほとんどなく、今までと違う野球理論を提唱する変わった人物という噂程度であった。

 ところが実際にお会いし、話を聞くと全く違う世界へと引き込まれる自分がいた。

 指導者としての壁を感じていた私は、1994年5月、高校生への指導を依頼した。

 

 指導はグランドではなく、教室での座学から始まった。

「大体、監督をやっておられる先生は私の話なんか聞こうともしないで、自分でやってこられた経験と知識だけで、物理に反したことを平気で教える人が随分多い」

そんな辛らつな言葉から講義は始まった。

 

 当時の私の感想である。

 ―ほとばしる情熱と卓越した野球理論、それは私の野球指導者としての常識をはるかに超えたものであった。野球指導書、プロ野球選手による野球教室、専門家による野球講習会、残念ながらいずれも私を満足させるものではなかった。むしろ参加すればするほど、疑問と矛盾だけが沸き上がってくるのであった。

 その多くの疑問のカギを開けてくれたのが村上氏であった。

 今思えば1988年の大リーグ・スプリングキャンプ巡り(米・フロリダ州)から私の日本野球への疑問は始まった。こうした行動が村上氏と邂逅するきっかけになったことを幸運に思うー

 

 講義の内容の一部を羅列する  

  • 回転と捻り 
  • 野球動作の基本は捻って捻り戻して捻る 
  • ウエイトトレーニングはヒマ人のやること ●伸筋と屈筋 
  • 上半身と下半身のケンカ 
  • 慣性モーメント
  • 日本人の「入」と大リーグの「人」の違い
  • 現代野球の元祖ベーブ・ルース「なぜあんなに飛ぶのだろう?」 
  • ステップについてー打つためにステップする選手はヘタクソ

                           等々

 

 「科学する野球」全8篇を読破しても、内容を理解することは至難の業である。この時の講演はそれらを集約した高校生にも理解しやすい内容であった。

 この講演の1年後1995年7月、村上氏は77歳でこの世を去ることになる。

 その後村上氏の野球理論は今日まで正しく評価されることなく月日が流れていく。

 1995年は野茂英雄投手がある意味日本球界に背を向けてアメリカに渡った年でもある。野茂投手やイチロー選手の体の使い方を「正しい」と理論的に評価、説明できた人は当時村上氏を置いて他にはいなかった。

 私の手元にこの時の講演記録や東京・三田のご自宅から頂いた遺稿がある。後世へ残すべきと考えている。

                           2021.6.19 By佐藤 繁信