庄内ボーイズ・活動日誌

山形県庄内地域で活動する野球チーム『庄内ボーイズ』の活動内容です

アンパンミットに思う

      アンパンミットに思う

 

 「両手で捕れ!」という罵声がグランドの主役の座を奪われたのはいつ頃だろうか。いや、どこかのグランドでは今も君臨しているかもしれない。

 話は変わるが、今年の箱根駅伝やマラソン界は“ナイキの厚底靴”が席巻していた。その着用率は80%を超えるという。薄くて、軽くて丈夫なのが走りやすいと思うのだが、靴底のミッドソールにカーボンプレートが組み込まれ反発を利用すると聞けば、なるほど直線をひた走るにはいい感じだろう。

  2008年北京オリンピックの頃、競泳界はスピード社が開発した水着「レーザーレーサー」を着た選手が次々と驚異的な世界記録を生み出した。(その後禁止される)

記録向上の裏には人間の肉体の進歩や医科学的分析そして用具の進化は欠かせない。

 さて、野球用具の進歩とは何だろう。飛ぶボールだろうか?遠くに飛ばす金属バットだろうか?何か違う気がする。これらは選手の危険を顧みない商業主義に過ぎず、野球技術の向上には全く寄与していない。高校生の国際大会での打撃低迷がその弊害の大きさを物語っている。

グラブはどうだろう。イチロー選手らのグラブを手掛けたミズノのグラブ名人坪田信義氏から作っていただいた「アンパンミット」が手元にある。じっくり眺めると昔の選手の捕球動作を連想することができる。要は土手部分に切れ込みがなく、片手では捕球できないのである。

今の選手に「昔の選手はこうしたミットを使ってたんだよ」とアンパンミットでキャッチボールをさせてみると捕球にとても苦労している。その姿はまるで野球の初心者である。そして捕球するにはどうしても「両手」を必要とすることに気がつく。

 グラブの進化は片手捕りを可能にし、守備範囲を向上させる役割を果たしたことになる。手と全く同じような感覚のグラブ作りは世界にも誇れる日本の熟練の技そのものである。

 ではグラブの進化と共に日本の捕球技術も変わったのだろうか?バックハンド、バックハンドトス、グラブトスなどその使い方は多岐にわたると思われる。

 2019年11月7日付け日刊スポーツ「阿部慎之助がいた風景③探求心」にこんな記事がある。「日本ではゴロは『正面に入って捕れ』と教えられる。プロになってそれが正解なのかと思うことは多々ある。グラブさばきは圧倒的に外国人の方がうまい」

 グラブを買うお金さえない南米の子ども達の方がグラブさばきはうまいという。どういうことか?私達は正しい指導をしていないのではないか?世界一のグラブを持つ日本の子ども達は技術でも世界一のプレーヤーであって欲しい。                

                               By  佐藤 繁信  

庄内ボーイズチーム規約

公益財団法人 日本少年野球連盟 加盟

庄内ボーイズ チーム規約

 

第1章 総則 

  (名 称)

  • 本チームは、公益財団法人 日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)東北支部に所属する「庄内ボーイズ」(以下『チーム』と言う)と称する。

 (活 動)

  • 本チームは、本規約に基づき、平成31年4月1日から活動を行う。

 

   (選 手)

第3条 チーム選手構成は、中学1年生の4月1日から中学3年生の男女選手で構成する。但し、小学生は当チームの練習生として参加する事が出来る。

    入団する選手は本会規約等を十分に熟知し入団申込書等を代表に提出し、役員会で承認 を得て認められる。 

 

  (事務局)

第4条 本チームの事務局は、チーム代表宅に置く。

 

 第2章 目的および事業

   (目 的)

第1条 本チームは、日本少年野球連盟の定款に基づき、支部の趣旨に則り、酒田市鶴岡市遊佐町庄内町三川町の中学生を対象とした硬式野球クラブチームとして活動し、野球を通し、社会人としての基盤を築き、次世代を担う人材の健全育成を図る事を目的とする。

 

 (事 業)

  第2条 本チームは、前項の目的を達成する為に次の事項を行う。

  • 日本少年野球連盟主催、支部主催の大会に参加。
  • 野球技術向上への指導と練習。
  • 中学生として習得すべき学習の指導。
  • 活動地域におけるボランティア活動。
  • その他、チームの目的達成に必要な事業。

 

第3章 組織

  (構 成)

  第1条 本チームは、役員、選手、その他保護者によって構成する。

 

  (役 員)

第2条 チームは次の役員を置く。代表1名、副代表若干名、監督1名、ヘッドコーチ1名、コーチ若干名。なお、副代表のうち1名以上は保護者から選出する。

 

   (組 織)

  第3条 本チームの円滑な運営を図る為に次の組織を置く。

  • 役員会
  • 指導者会
  • 保護者会

 代表は、必要に応じて顧問及び相談役を任命する事が出来る。

 

(役員会)

  第4条 役員会は、代表が必要と判断した場合に開催し、本チームの運営及び活動等に関して審議することとする。

  • 代表は、役員会を代表し、会務を統括する。
  • 役員会は、役員の過半数の出席をもって成立する。

 

(役員の責務)

  第5条 役員の責務は以下の通りとする。

  • 代表は、本チームを代表しチーム運営を統括する。
  • 副代表は、代表を補佐する。
  • 保護者会長は、保護者を統括する。
  • 役員は相互の連携を密にし、チームの円滑な運営を図る為に協力し合わなければならない。

 

(選 出)

  第6条 役員及び指導者の選出は次の通りとし、役員会の承認を得ることとする。

  • 代表は役員会の過半数以上の同意を得た上で選出し承認を得て、登録される。
  • 副代表は代表の指名により選出、登録される。
  • 監督は役員会により選出、登録される。
  • ヘッドコーチは、代表及び副代表及び監督の指名により選出、登録される。
  • 保護者会長及び会計、会計監査は、選手の保護者より保護者会にて選出された者とする。

     

    (任 期)

  第7条 役員及び指導者の任期は1カ年とし、再任を防げない。 役員が欠員となった時は補充する。

 

   (指導者の責務)

  第8条 監督・ヘッドコーチ・コーチの責務は以下の通りとする。

  • 選手の健康管理に留意し、技術向上・選手の知識を深め指導にあたる。
  • 活動中の安全管理に留意し、事故のないよう事前に防止対策を図る。

 

 

 (保護者会の責務)

 第9条 本チーム選手の保護者は、保護者会を組織し、チーム運営に協力する。

  • 本チーム選手の保護者は、本チームの目的及び精神を理解し、役員及び関係者との連携を図り、チームの発展と選手の健全な育成に協力しなければならない。
  • 保護者会は保護者会規約に従って運営する。
  • 保護者会は、保護者会長が必要と判断した場合は、代表の許可を得て開催できる。

 

(総 会)

第10条 総会の開催は会員の過半数の出席をもって成立し、出席者の過半数の賛否をもって議決する。総会は、チームの最高議決機関で毎年1月に開催する。但し、特に必要がある場合は臨時に開催することが出来る。

  • 総会は、代表が招集する。
  • 総会は、選手を除く本チームの役員及び保護者をもって構成する。

 

 (総会の議決事項)

 第11条 総会の議決事項は以下の通りとする。

  • 役員の承認及び解任
  • チーム規約の改廃
  • 会計年度の決算及び事業報告の承認
  • 会計年度の予算及び事業計画の承認
  • その他チーム運営に関する必要事項

 

  (会計対象)

 第12条 本チームの会計は、会費及び賛助金とする。

 

(会計期間)

 第13条 本チームの会計期間は、毎年1月1日~翌年12月31日までとする。

 

  (会 費)

 第14条 本チームの会費及び費用については以下の通りとする。

    但し、その後の経済状況及びチーム運営等により変更する場合がある。

本チームの決定した会費及び費用は必ず納入しなければならない。

  • 年会費(毎年4月)     ¥5,000/年

内訳 選手登録費 ¥2,000/年  傷害保険 ¥3,000/年

  • 月会費(毎月)       ¥8,000/月

内訳 道具維持費、施設使用料

  • 遠征費、宿泊費        都度徴収
  • 同時期に1家族2名以上の選手が在籍した場合の特例事項

2人目からの月会費     ¥4,000/月

  • 休部期間中の会費は、休部届けを提出し役員会で承認された翌月より免除し、 復部した月より徴収するものとする。
  • 会費徴収は、毎月第一週目とする。
  • 会費の運用及び執行権は、代表及び代表が委託する役員が有し、その責務を負う。但し、役員の任を解かれた時には、直ちにその執行権を失う。

 

   (遠 征)

 第15条 選手の遠征は、遠征費徴収のもと、チームが行うものとし、チームが依頼した父兄での遠征は遠征費より交通費を支給するものとする。

   

 (傷害保険への加入)

 第16条 選手、指導者、審判員は全員、スポーツチーム総合保険への加入を義務づけるものとする。

 

 (事故の責任範囲)

  第17条 活動時間及びその往復での事故は、スポーツチーム総合保険の範囲で補償し、指導者や本チームは一切責任を負わないものとする。また、選手の送迎は各保護者が責任を持って行うものとし、やむなく同乗を依頼し、万一事故が発生した場合でも、運転者は一切責任を負わないものとする。

 

(団員募集)

 第18条 本チームに入団した選手及びその保護者は、小学生及びその保護者に対し、本チームへの募集を積極的に行うものとする。

 

第5章

  (退 会)

 第1条 途中退会者は、退会願に理由を記述して、代表に提出する。

 

 (除 名)

 第2条 選手及び保護者、又は役員が以下に該当する場合は、役員会の決議を経てこれを除名することが出来る。また、入団希望者のうちチーム活動を行う上で支障となる恐れのある特別な事情がある場合には、役員内で協議する。

  • チームの名誉を傷付け、又は本チームの目的及び主旨に違反する行為があった場合。
  • 選手が会費を故意なく納入しない場合。

 

 第6章

  (会則の改廃)

 第1条 この規約の改廃は、総会にてこれを決定する。

  (実施期日)

 第2条 この規約は平成31年4月1日より実施する。

大リーグスプリングキャンプ

   大リーグスプリングキャンプ

 

 「俺の機械(吉田式ピッチングマシン)を大リーグが見たがっているそうだ。その時はフロリダに一緒に行くか!?」と吉田社長から電話が入ったのは1988年1月下旬。翌月26日、吉田社長と私は成田空港を飛び立ち、アメリカ・フロリダ州へと向かっていた。

 ロサンゼルスでアメリカ側代理店と合流、セント・ルイスを経由し、フロリダ州タンパの空港に降り立ったのは鶴岡を出て、すでに31時間を経過していた。

 翌日、すでにタンパに運んであったピッチングマシンをレンタカーにピックアップ。いよいよ大リーグ球団へのデモンストレーションの旅が始まった。

 大リーグ26球団(当時)のスプリングキャンプはこのフロリダ州(オーランド・ベロビーチ・マイアミなど)に18球団が集結して“フロリダ・グレープフルーツリーグ“を形成している。

そんな中、デトロイト・タイガースを皮切りにロサンゼルス・ドジャースまで8球団を周ることになった。マスコミ関係者が厳しい規制で切歯扼腕する中、私たちはどの球団でも厚遇され、球場内・オフィス内をかなり自由に歩き回ることができた。目から鱗とはこのことか。すべてが新鮮な出来事であった。

 スパーキン・アンダーソン監督(タイガース)、ピート・ローズ監督(レッズ)、デーブ・ジョンソン監督(メッツ)やボブ・ホーナー選手(カージナルス)、ドン・サットン投手(ドジャース)らと一緒に写真を撮り、気軽に話をすることができた。

 初めて目にするアーム式ピッチングマシンにメジャーリーガー達は興味津々であった。またそのコントロールの良さに驚くばかりであった。アメリカ製回転式ピッチングマシンはお世辞にも褒められたものではなかった。ただ、そのお陰で学ぶことも多かった。それはマシンのコントロールに問題があれば日本なら、「もっと上げて、下げて」「もっと右へ、左へ」とマシンを操作している人に注文を付けるであろうが、ここでは自らがボールの来るところに移動していた。打席に立つこと=打つこと。人にストライクを投げてもらって(待って)打つことではないことに気づかされた。

 多くの選手が吉田式ピッチングマシンを試打に来た。私は、マシン操作をしながらそのスイングに感心するばかりであった。しかし、私が一番印象に残ったのはドジャースのサットン投手である。彼はバントの練習に打席に立った。丁寧に、丁寧に一塁側へ、三塁側へゴロをころがしていた。その間、無駄な動作は一切なく真剣そのものであった。

 そして、「サンキュー!サンキューベリーマッチ!!」といい、何と私と一緒にボールを拾い出した。他の選手は「サンキュー」とはいうものの打ち放して出て行った。超一流と一流の違い?を見た気がした。

 あれから32年、吉田さんのマシンが庄内ボーイズのグランドに降り立った。7月30日のことである。私にとっては昔の思い出と共に忘れられない日となった。