庄内ボーイズ・活動日誌

山形県庄内地域で活動する野球チーム『庄内ボーイズ』の活動内容です

成功とは一つではない

       成功とは一つではない

                      ―世界で活躍する人たちへー

 日本の野球少年は国内の高校に進学、甲子園を目指しその後は大学、社会人へと進むのが一般的である。しかしこういった今までのレールに乗らない野球人生を歩もうとする若者が増えている。そればかりか高野連に属さない、いわゆる甲子園を目指さない選択肢もあるという。

 高校野球の二極化も進んでいる。強豪私学と公立の格差は広がるばかりである。公立高校の選手達は例え選手不足で連合チームになろうとも純粋に甲子園を目指し日々汗を流す。また強豪私学に入学した選手達の中には、全員がレギュラーを目指しているわけではない。たとえレギュラーになれなくともチームの一員として下積み覚悟で甲子園を夢見る選手もいる。

 人の考え方は多岐にわたり、それぞれの人生の成功を思い描き進路選択をするのだろう。

 今年の*NPBのドラフト候補の一人が、将来的な*MLBを見据え、米国の大学進学を目指しているという。野球というよりはベースボールを楽しもうとする選手たちの進路選択肢がここにきて大きく広がり、マスコミにも取り上げられるようになった。

 高校時代をアメリカの*IMGアカデミーで過ごし、NPB入りした選手もいる。高校からMLBマイナー契約した選手も身近にいた。NPB入りせずにメジャー挑戦した社会人選手もいる。こうした異色の経歴を持つ選手は調べれば枚挙にいとまがない。

  先日、ドイツ、オーストラリア、フランス、スペインなど世界6か国(日本の独立リーグを含む)でプレーした人物と出会った。彼は大学卒業後、アメリ独立リーグに参戦、その後世界を転戦した。メジャーリーガーへの夢は叶わなかったものの正に世界の野球事情を肌で感じてきたのである。

 例えばメジャーリーガーになれなかった選手は選択の誤りで、大谷選手やダルビッシュ投手のようなメジャーリーグで活躍する選手だけが成功者なのか。

 勿論そんなことがあろうはずがない。人生の成功の基準は人それぞれに千差万別であり、安直に他人が決めることではない。しかも大事なのは選手時代ではなく、その後の人生、生き方である。

 人生に正解はなく、正しい道は幾つだってある。

世界に挑戦するベースボールプレーヤーに拍手を送りたい。

                    2022.9.20   By 佐藤 繁信

NPB:日本プロ野球

MLBメジャーリーグベースボール

IMG:アカデミー:アメリカ合衆国フロリダ州ブレイデントンにある世界的に有名な寄宿学校・スポーツトレーニング施設である。

内なる戦い

           内なる戦い

 仙台育英高校の全国制覇は長い高校野球史の中でも特筆すべき出来事である。白河の関を越えたこともそうであるが、それ以上に高校野球で球速140㎞を超す投手を5人も擁し優勝を成し遂げたチームは今までなかった。報道によるとベンチに入っていない中にもそのレベルの投手がいるのだという。驚きである。

  下関国際高校の投手は初回から明らかに連戦連投の疲れが感じられた。一方仙台育英の先発投手は躍動感に溢れていた。それもそのはず、この投手は地区予選では一試合も登板しておらず、甲子園でも決勝戦までわずか120球程しか投じていなかったのである。それでも甲子園の決勝の先発という重責を任せられるだけの信頼がチーム内にはあったのだろう。

 長い甲子園の歴史の中でもこうした投手が決勝戦で先発することは稀有な出来事ではないだろうか。

 仙台育英高校の甲子園での戦いを目の当たりにして、自分の高校時代を思い出した。

 チームには後にプロ野球を代表する掛布雅之君という素晴らしい選手がいた。一学年下であること、仲が良かったことなどもあり、投手の私は一本バッティングの時など必死に彼を打ち取ることに集中した。またチームに同じような力を持つ選手が4〜5人いたこともあり、彼らを打ち取ることは至難の業であるが同時に楽しみでもあった。そこには他校との試合以上に燃えるものがあった。

 その時は知る由もなかったが、そうした状況が相乗効果となり、チーム力が著しく向上していったことは事実である。お互いの技術力を高めるにはチーム内の競争が最も近道である。こうした意識の高まりにより、どんな強豪校との試合でも相手を恐れることはなくなり、瞬時に相手打者の力を見抜く感性が磨かれた。

 試合ほど楽なことはないと感じることができるようになった。

 仙台育英高校は甲子園で恐れるチームは無かったのだと思う。自チームでの紅白戦にこそ真の戦いがあったのだろう。打者は5人のいやそれ以上の球速140Kmを投げる投手を打ち込まなければレギュラーを勝ち取れない。投手はエースを勝ち取るためにどのようにしたら打者を打ち取ることができるのか。速いボールだけでは通用しないことも悟ったと思う。多くの学びの中からこのような素晴らしい投手陣が育ったのだと思う。そこには野球の巧拙を越えたメンタルの強さも自然発生的に生まれ、より強固なチームになったことだろう。

 100年の歴史を変える偉業を目の当たりにし、ひとりの投手が悲壮感漂わせすべての試合を投げぬく姿を美談とした時代は終わったと感じた。なぜか肩の力が抜けるのを感じているのは私だけではないはずだ。          

                         2022.8.31  By 佐藤 繁信

背番号18

           背番号18

 

 8月29日(金)東京ドームで行われた第93回都市対抗野球大会横浜市ENEOSが二連覇を狙う東京ガスを5-4で降し、9年振り12回目の優勝を果たした。9回表に登板したENEOSのエース柏原史陽投手は5連投ながら最後の打者をショートゴロに打ち取り、決勝戦不敗神話は続いた。

 柏原投手の躍動感あふれる投球フォームは優勝投手にふさわしい美しさがあった。ただテレビで観戦した私にはそのユニフォームの背番号「18」が眩しく、灌漑深いものとして映った。

 

 私の部屋には背番号「18」の「NISSEKI」(ENEOSの前身)のユニフォームが飾られている。日本石油の投手として7年、マネージャーとして9年。そしてコーチとして…。神奈川県下では野球関係者から一目置かれたもっとも有名なマネージャーでもあった彼が着ていたユニフォームである。大久保秀昭監督の信頼も厚いと聞いていた。

 彼は突然の病でこの世を去った。46歳であった。

 私は彼の野球の技術はもとより人間性を高く評価していた。彼の訃報を聞いた時のショックは計り知れない。大きな心の財産を失った気がした。

 

 優勝の歓喜を爆発させる選手の姿が画面に大きく映しだされている。興奮冷めやらぬ選手、涙する選手もいる。ただそこに彼の姿、笑顔はなかった。いくら探してもあの輪の中のどこにもいなかった。

 こんなに嬉しくて悲しい優勝を今までに経験したことはない。

                             By佐藤 繁信

                             2022.7.30