庄内ボーイズ・活動日誌

山形県庄内地域で活動する野球チーム『庄内ボーイズ』の活動内容です

坪田名人のアンパンミット

                           坪田名人のアンパンミット

 

 成東高校(千葉県)3年春に見た鈴木孝政投手のピッチングに強い衝撃を憶えた。全身バネのような軽やかなフォームの指先から離れたボールは今までに見たことのない特殊な球筋であった。そして物理に反する異次元のボールは心地よい音を立て捕手のミットに吸い込まれていくのだった。

 

 その投球に魅了されていると次なる衝撃が脳裏を襲った。捕手のミットのポケットが下を向いているではないか。しかもそのミットは当時目にすることのなくなったアンパンミットであった。

 「あんなのでよく捕れるなぁ〜」

 

 ある日、ミズノのグラブの無償修理メンテナンス・ワークショップが来てくれた。このワークショップに「グラブ作りの名人」坪田信義さんが同行していた。こちらは少々緊張気味であったが実に気さくに接してくれた。グラブの作り方や歴史などの質問にも丁寧に応えてくれたことを思い出す。

 

 この時、成東高校バッテリーの話をすると「アンパンミットか懐かしいなぁ。一つ作って送るよ」と坪田さんが一言。そしてこう付け加えた。

「あれは捕るのが難しいんだよ。選手に昔の選手の大変さを伝えてよ」

 後日、「DIRECTED  BY  N.TSUBOTA」の刻印の押されたアンパンミットが私のもとに届いた。

 

 私はそのミットを片手に中心のポケットでしっかり捕らないと捕球が困難であることを選手に話した。現在のキャッチャーミットと比較すると、よりグラブの進化の過程が見て取れる。それは捕球技術の変化・対応への理解にもつながる。

 

 2022年4月3日、98年に労働省の「現代の名工」に選ばれ、2000年に黄綬褒章を受章した坪田信義氏が89歳で亡くなった。スポーツ新聞ばかりでなく一般紙までも大きくその死を悼み、松井選手やイチロー選手ら名プレーヤーのコメントを掲載した。

 影響を受けたのは名プレーヤーばかりでなくこんな地方にもいる。

 

 *成東高校はこの春(1972年)、春季関東地区高校野球大会で準優勝を果たしている。鈴木孝政投手はこの年、ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。最優秀救援投手賞を2回受賞するなど活躍した。

プライベートレッスン

     プライベートレッスン

 アメリカの子ども達を取り巻くベースボール事情はメジャー顔負けの競争システムである。高額なプライベートレッスン、強豪チームへの選抜試験、落ちれば移籍は当たり前。そこには公平・平等を重視する日本の少年野球は存在しない。そもそも公平・平等の概念が全く異なる。

 

 昨年10月9日のスポーツ報知(記事から抜粋)『スポーツの派遣型個人指導サービス「ドリームコーチング」が注目を集めている。元プロ野球選手や五輪代表選手らトップアスリートからマンツーマン指導を受けられる。料金はコーチにより異なるというが1時間1万5千円ほどという』

 

 日本の少年野球も「プライベートレッスン」の時代である。

 

 昨年のドラフトでDeNA育成3位で指名され入団した大橋武尊選手。彼は東京・銀座中学出身で中学時代はチームに所属せずプライベートレッスンを受けていたと聞く。 

 その後アメリカ・フロリダ州にある「*IMGアカデミー」に進んでいる。アノ錦織圭選手が出身ということで有名になった施設である。現在、前巨人軍上原浩治投手の長男・一真君(15歳)も所属しているという。

 

 世界のトップアスリートへの道として羨望を集めるIMGであるが、何といっても気になるのは受講料である。これがナント年間900万円とか。凄い!唸るしかない。

 大橋選手が中学時代いくらのレッスン料を払ってどのレベルの人に指導を受けていたのかはわからない。10年ほど前アメリカでは1時間100$程度のレッスン料が相場だと聞いた。1時間1万円前後と思えばいいだろう。子どもの為ならそれくらいはと考える親もいる。決して不可思議とは言えない。

 

 日本の中学硬式野球・ボーイズやシニアに所属する選手の多くは土日・祝日が練習日である。最近は平日にプライベートレッスンを受けている選手もいると聞いた。所属チームの月謝と合わせると相当な金額になるだろう。

 

 余談になるが、2018年東京大学が実施している「学生生活実態調査」の結果によると、東大生の親の60%が世帯年収950万円以上とある。金銭的な裕福度と学力の相関関係が証明されたというものである。 

 

 日本は「地方の時代」と言われて久しい。しかし、中央と地方の経済格差は拡大の一途をたどっている。そしてその経済格差は教育・文化・スポーツ格差とイコールでもある。

 どこか寂しい思いを感じながらこの現実から逃れることは出来ない。いや、出来ないのだろうか。

          2022.3.21 By佐藤 繁信

 

*参考文献「アメリカの少年野球はこんなに日本と違っていた」(径書房:小国綾子著)

*IMGアカデミー:1970年代前半に創設された総合スポーツ教育施設